BSフジ・亀山社長、就任3か月 元SMAP3人とのドラマも「企画次第で是々非々で」

2017年10月2日15時4分  スポーツ報知
  • 就任3か月、懇親会を開いたBSフジの亀山千広社長

 BSフジの亀山千広社長(61)の懇親会が2日、都内で開かれた。

 6月28日でフジテレビの社長を退任し、BSフジ社長に就任して3か月。ついに再始動した同社長は「BSという(系列でなく)全国一波の強みを生かしたい。メディアでなく、テレビの醍醐(だいご)味を伝えたい」と、まず目を輝かせた。

 その上でBSフジでの目標として、「コンテンツ・ビジネスで勝負したい。BSの力を使って、向こう3年くらいで基礎をつくって、(映画化まで含めたヒット番組の)パッケージ・コンテンツを1、2年のうちに作っていきたい。来年、(より高画質の)4Kが始まるのは、大きなビジネス・チャンスと捉えています」と続けた。

 フジテレビ時代、ドラマプロデューサーとして「ロングバケーション」「ビーチボーイズ」「踊る大捜査線」などをヒットさせた亀山氏は「とにかく、コンテンツの魅力。コンテンツ重視でやっていきたい」と言い切った。

 「BSフジのオリジナル・ドラマ制作も当然、するつもりです。来年くらいに新シリーズを言えたらと思います」と明かした同社長。9月8日でジャニーズ事務所から独立した元SMAPの稲垣吾郎、草ナギ剛、香取慎吾3人とのドラマ制作についても「企画の是々非々でやって行きたい。3人そろって(出演)は難しいかも知れないけど、3人とも役者もできる人たち。『これだ!』という企画があったら、(出演を)お願いしに行きます」と宣言した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ