浅利陽介「コード・ブルー」で共演の比嘉愛未は「ぶっちゃけ、結構タイプでした」

2017年10月6日22時15分  スポーツ報知
  • 浅利陽介

 俳優の浅利陽介(30)が6日放送のフジテレビ系「ダウンタウンなう」(金曜・後9時55分)に出演。酔うとキス魔になるというプライベートの素顔を明かした。

 全話平均視聴率14・8%と今夏の視聴率ナンバー1ドラマに輝いたフジテレビ系ドラマ「コード・ブルー―ドクターヘリ緊急救命―THE THIRD SEASON」でも医師役を熱演した浅利は「本音でハシゴ酒」のコーナー開始時点で、すでに赤ら顔。

 2015年に大学の同級生と結婚。「7年くらい付き合って、結婚して。僕は割と自己中心ですけど、奥さんのおかげでうまくやってます」とノロけたが、過去に共演した女優と「付き合ったことがあります。役のイメージのまま付き合ってしまうことが良くありました」と正直に明かした。

 「コード・ブルー」で夫婦役で共演の女優・比嘉愛未(31)についても「ぶっちゃけ、ファーストシーズンの時から結構タイプで」と告白。比嘉から「浅利さんから撮影前に『恋人役だから好きな気持ちで挑むからね』と言われた」という“タレコミ”があり、真偽を確かめられると、「ちょっと調子に乗って、そう言っちゃいました。周りが引いてました」と答えた。

 酔うとキス魔になるという浅利。「酔うと好きだぜって言う気持ちが出やすいタイプなんです」と明かし、「僕もキス魔ですよ」という共演の坂上忍(50)と唇を合わせると、「すっごい、いい唇でした」と感想を漏らしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ