上白石萌音が「赤いスイートピー」を熱唱「時を超えて愛され続ける言葉」

2017年10月6日20時3分  スポーツ報知
  • 「赤いスイートピー」を熱唱する上白石萌音

 女優で歌手の上白石萌音(19)が6日、東京・恵比寿ザ・ガーデンホールでライブイベント「風街ガーデンであひませう2017」に出演した。

 作詞家・松本隆氏の楽曲を参加した歌手が次々に歌うライブで、上白石は松田聖子の「赤いスイートピー」(82年)、薬師丸ひろ子の「Woman “Wの悲劇”より」(84年)の2曲を披露。ともに自身が生まれる前に大ヒットした楽曲だが「(赤いスイートピーは)小さい時から大好きな曲。カラオケで必ず歌うけど、まさかステージの上で歌わせて頂く日がくるなんて、夢にも思いませんでした」と感無量の様子。「松本隆さんの書かれる言葉は世代を、時を超えて愛され続ける言葉。歌いながら素晴らしさをかみしめました」と約1500人の観客に語りかけた。

 ライブは7、8日も同所で開催。7日には50代の男性医師とのダブル不倫を認め、謝罪した女優・斉藤由貴(51)がゲスト出演する予定だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)