ココリコ・田中直樹、柄本明にイジられまくる「会見に来たくなかったでしょ」

2017年10月6日20時29分  スポーツ報知
  • 共演の柄本明(左)にイジられた田中直樹

 お笑いコンビ・ココリコの田中直樹(46)が6日、都内で行われたBSジャパン連続ドラマ「プリズンホテル」(7日スタート、土曜・後9時)の完成披露記者会見に、共演の柄本明(68)らと出席した。

 作家・浅田次郎氏(65)による同名の原作は累計200万部突破の人気シリーズ。田中はゴールデンタイムの連ドラ初主演で、オーナーも従業員も極道だらけの“プリズンホテル”に左遷された堅気の支配人役を務める。

 ドラマの見どころを聞かれた柄本は、かしこまった様子の田中の方を見てニヤリ。「田中さんは(ドラマに)連れてこられた感じがする。ここ(会見場)にも連れて来られたんでしょ?」と突っ込み、「本番やってる時も無理に連れて来られてねぇ。本当はウチに早く帰りたいんでしょ?」とたたみかけた。

 ベテランの奇襲に田中はタジタジ。「そんなことはないですけど、もともとそうなんですね。相方(の遠藤章三)に誘われて、この世界に入って25年いる。確かに、いろんなことに連れて来られたみたい…」と認める形に。「やっぱり、間違いなかった。しかも、本当は来たくなかったでしょ」と手を緩めなない柄本に、田中は「来たくないわけないでしょ。来たくなくても来ますよ!」と逆ギレ気味に応戦し、笑いを誘っていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ