松本人志、爆問・太田の「大っ嫌い」発言に「盛り上がったらいい」

2017年10月8日10時25分  スポーツ報知
  • 松本人志

 「ダウンタウン」の松本人志(53)が8日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」(日曜・前10時)に出演し、「爆笑問題」の太田光(52)がタレント・ビートたけし(70)がMCを務めるテレビ東京系の特別番組「おはよう、たけしですみません。」(前7時半)で、松本のことを「大っ嫌い」と発言したことに「盛り上がったらいい」と寛大な反応を示した。

 問題の発言があったのは、5日の生放送。「浅草キッド」の水道橋博士(54)が松本の名前を出すと、たけしから「松本、嫌いなの?」と聞かれた太田は「大っ嫌いですよ」と即答した。しかし、翌6日の生放送で発言を訂正し、本当に嫌いなのは「ホンジャマカ」の恵俊彰(52)と言い放った。

 この流れに松本は「何よりも盛り上がって話題になって笑いが起きれば全然、ボクはいいと思います」と話した上で、「そういう意味では、何だってありだと思います」との見解を示した。

 そして、「ボクはビッグ3、大っ嫌いですからね」とギャグに変えた。「ただ、ズルいのは水道橋だわ」と話題をふった水道橋博士は糾弾。「自分の手を汚さずに人をたきつけていた。水道は締めたらなアカン。水道はしっかり締める。一滴も出さないように」とこちらもギャグに変える絶妙な反応を示していた。

 一方、フジテレビが9月28日に放送した特別番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」に登場した石橋貴明演じるキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」が同性愛者を差別しているとして、批判が集まっていることに「ボクは裏番組をやっていたんで、ボクが言うのは合わないし、ここで変にごちゃごちゃ言うと話がややこしくなる」と明言を避けた。ただ、東京スポーツが報じた年末の日本テレビで放送している「笑ってはいけない」での「ケツバット禁止報道」には「これは完全にガセ」と断言していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ