W杯へ課題浮き彫りのハリル日本のNZ戦、視聴率13・2%

2017年10月10日10時19分  スポーツ報知
  • 6日のニュージーランド戦の前半40分、競り合いながら倒された香川

 ◆国際親善試合 日本2―1ニュージーランド(6日、豊田スタジアム)

 6日に日本テレビ系で放送された国際親善試合 日本―ニュージーランド戦(金曜・後7時)の平均視聴率が13・2%だったことが10日、分かった。

 FIFAランク40位の日本代表は、同113位ニュージーランドに2―1と辛勝した。

 後半5分にFW大迫勇也(27)=1FCケルン=のPKで先制したが、同14分に同点を許した。同42分にMF倉田秋(28)=G大阪=が代表初得点を決めて勝利は手にしたが、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)にとっては8か月後に迫ったロシアW杯に向けて多くの課題が浮き彫りとなる展開で、“ダメ出し”も飛び出した。

 日本代表は10日に同48位ハイチ代表と対戦する。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区)

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ