左腕骨折の猿之助代役・尾上右近が楽屋入り「みんなで乗り越えます」

2017年10月10日10時29分  スポーツ報知
  • 市川猿之助の代役に決まった尾上右近は楽屋口前で「みんなで乗り越えます」とマスクを外して決意を語った(カメラ・泉 貫太)
  • チケット売り場前には市川猿之助の怪我と代役、および配役の変更を知らせる告知が貼り出された

 9日に左腕を開放骨折する重傷を負った歌舞伎俳優の市川猿之助(41)の代役としてスーパー歌舞伎2「ワンピース」(11月25日まで)で主人公・ルフィ役を演じることになった尾上右近(25)が10日午前、上演される新橋演舞場に入る際に取材に応じた。

 午前の部の開演約1時間前の午前10時頃。報道陣約10人から質問を受けた尾上は、メガネ姿でマスクを外して立ち止まり「とにかくみんなで乗り越えます。どうぞよろしくお願いします。頑張ります」と力強く答えて会場入りした。

 尾上は、本公演と並行して上演される若手を主体にした特別マチネ公演「麦わらの挑戦」(13公演)でルフィとハンコック役を務めている。俳優・鶴田浩二さんの孫で、すでに8日にルフィ役を好演している。

 松竹などによると、猿之助は9日の公演のカーテンコールの途中、花道にある縦180センチ、横90センチの床板が昇降する舞台機構(通称すっぽん)で床下に降下する際、回転する装置に衣装の左袖が巻き込まれ、負傷した。猿之助は9日に「僕のいない穴は、若手たちがしっかりと埋めてくれます。安心して劇場へお越しください」とコメントしている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ