NMB48・矢倉楓子が来年3月に卒業…芸能界引退?「もう会うことはなくなるかも」

2017年10月11日21時29分  スポーツ報知
  • 大阪公演のアンコールで来年3月での卒業を発表したNMB48・矢倉楓子(C)NMB48

 NMB48の矢倉楓子(20)が11日、来年3月に同グループを卒業することを発表した。

 この日、大阪市中央区の大阪城ホールで「NMB48アリーナツアー2017」の地元公演が開かれ、アンコールで矢倉は「ずっと思っていたこと」とファンに伝え、「“NMB48愛”はこれからも変わらず大きくなっていくと思います。最後までグループの魅力をたくさん伝えたい」と残り半年の全力投球を誓った。

 矢倉は2011年に2期生オーディションに合格し、12年に正規メンバーに昇格。13年4月から15年5月にはAKB48チームAも兼任した。昨年のグループ選抜総選挙は33位。今年9月に行われた、ユニットじゃんけん大会では村瀬紗英(20)との「ふぅさえ」で準優勝を果たしたばかりだ。

 「悔いはないです」と語った矢倉は卒業後について「もう会うことはなくなってしまうかも知れないけど、みなさんからいただいた愛や力を人生の糧にして、同じ空の下、みなさんと一緒に頑張っていきたい」と、芸能界引退を示唆。キャプテンの山本彩(24)は「ずっと考えていたもんね。いろんなことがあって、時間をかけて出した決断。前向きな決断でよかったなと思います」と話した。

 また、12月27日に1年ぶりとなる17枚目のニューシングル(タイトル未定)をリリースすることも発表された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)