鈴木奈々、5年連続で魅力度ランク最下位の茨城県に「私が原因な気が…」テリー氏も「名前が悪い」

2017年10月12日9時6分  スポーツ報知
  • 鈴木奈々

 12日放送のTBS系「ビビット」(月~金曜・前8時)で、このほど発表された都道府県魅力度ランキングで5年連続で最下位となった茨城県を特集した。

 番組は茨城県出身で宣伝部長「いばらき大使」を務めるタレントの鈴木奈々(29)を取材し「朝ドラで茨城県が取り上げられたし、稀勢の里さんが横綱になったから絶対にベスト10に入っている」と予想したが、スタッフから最下位を告げられると「絶対、うそ」とショックを隠せず「私が原因な気がしてきた」と自虐的になっていた。

 コメンテーターのテリー伊藤氏(68)は茨城について「名前が悪い。響きが良くない。イバラの道とか言うからね。あと北関東って南より寒い感じがする」と印象を示した上で魅力度アップへ「シリコンバレーみたいな新しい文化みたいなものがあれば」と提言していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ