86年阪神ドラ1・猪俣隆さん…今は米国で寿司職人、年収は500万円

2017年10月12日20時53分  スポーツ報知
  • 阪神時代の猪俣さん

 1986年の阪神ドラフト1位・猪俣隆さん(53)が12日放送のテレビ東京系「プロ野球ドラ1は今…波瀾万丈!大追跡SP」(木曜・後7時53分)に出演。米国で寿司職人に転身した現在の生活を披露した。

 法大から阪神にドラ1で入団。左のエースとして活躍も97年に自由契約に。その後、米国に渡り、手取り9万円で2年間修行し、寿司職人となった。職人歴16年で現在、地元人気NO1の日本食レストランで寿司職人として働く猪俣さんは、客と英語で野球談義をかわす姿も披露。「日本にいた頃は阪神のドラ1ということで、肉一つでも高い方買うのか安い方買うのか、常に(好奇の)視線にさらされて…。ほっといてくれって」と、日本での生活に疲れて渡米を決意したことを明かした。

 阪神時代、最高年俸6000万円だったが、現在の年収は500万円。プロ野球12年、寿司職人16年の猪俣さんは「お客さんが喜んでくれる姿を目の前で見ることができるのが最高です」と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ