プレバト前回王者・藤本敏史、まさかの7位転落にがっくり

2017年10月12日21時19分  スポーツ報知
  • 藤本敏史

 お笑いコンビ「FUJIWARA」の藤本敏史(46)が、12日に放送されたTBS系「プレバト才能ランキング 秋の俳句タイトル戦★3時間豪華スペシャル」(木曜・後7時)で、王座陥落どころかまさかの7位に沈んだ。

 夏の同番組では1位に輝いた藤本。この日は番組の「名人」「特待生」に認定された8人が、「紅いもみじが映った写真」をお題に挑戦した。出演者の中で最高位の名人6段の藤本が詠んだのは「ぬうぬうと秋かき混ぜる観覧車」だった。

 ところが結果はまさかの8人中7位でがっくりした表情。辛口で知られる夏井いつき先生は「かき混ぜるという複合動詞と『ぬうぬう』という言葉がどうも似合っていない」と指摘。「ぬうぬうと秋を混ぜゆく観覧車」と添削し、藤本は「はい…。めっちゃいいですね」と観念した様子だった。

 【出演者の句と夏井先生による添削】

 <1位>東国原英夫(名人4段)「紅葉燃ゆ石見銀山処刑場」→直しなし

 <2位>Kis-My-Ft2・横尾渉(名人2段)「千年の樹海の風と枯れ葉の香」→直しなし

 <3位>NON STYLE・石田(特待生3級)「空をひっかく葉先から枯るる」→「空ひっかく葉先より枯る」「空をひっかく葉先から枯れる」

 <4位>中田喜子「あぁ、よかった」(特待生4級)「東天の池の底まで紅葉降る」→「東天の水の底まで降る紅葉」

 <5位>Kis-My-Ft2・千賀健永(特待生2級)「星月夜廃墟の煙突銀に照り」→「銀色の廃墟星月夜の煙突」

 <6位>フルーツポンチ・村上健志(名人初段)「龍よりも緋い紅葉を探す子ら」→「緋の紅葉探す龍の鱗を探すかに」

 <7位>FUJIWARA・藤本敏史(名人6段)「ぬうぬうと秋かき混ぜる観覧車」→「ぬうぬうと秋を混ぜゆく観覧車」

 <8位>ミッツ・マングローブ(特待生3級)「色づくは小路も頬もうそ寒し」→「うそ寒し小路も頬も色づける」

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ