矢幡洋さん、カツラ外した姿を初披露「朝忙しくて鏡見ないから、いつもズレているんです」

2017年10月12日23時53分  スポーツ報知
  • 矢幡洋さん

 コメンテーターとしてもおなじみの心理学者・矢幡洋さん(59)が、12日放送のフジテレビ系「アウトデラックス」(木・後11時)に出演。今年5月以来2度目の登場で「最強のアウト」ぶりを存分に披露した。

 前回の出演で、カツラを使用していることをカミングアウトした矢幡さん。毎晩、テーブルの上に愛用のカツラを逆さに置いて就寝。番組が密着した起床のシーンでは、両サイド以外、きれいにはげ上がった頭部を披露した。

 「カツラはいつも思いっきりズレています。鏡見ないんですよ。朝は忙しいから」と言う通り、寝る時は翌日着るシャツを着用。起きたら、すぐにカツラを装着。そのまま自宅を出て、電車のホームで食パン1枚を食べ、歯も磨く姿を見せつけた。

 著書が41冊もあるのに貯金ゼロと言う矢幡さん。現在は東大大学院博士課程合格を目指し、猛勉強中。「なぜ、その年齢で大学院を目指すのか?」と聞かれると、「それはズバリ、本を売りたいからですよ。4年の学部卒だけだと、この世界では研究者と見なされないんです。博士課程もちゃんと終えると、4000円から5000円する本を出版社も出してくれるようになるんです」と、切実な研究者事情を明かしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)