内田裕也、右足骨折していた「車いす生活を楽しんでいます」

2017年10月13日7時0分  スポーツ報知
  • 骨折を明かした内田裕也(左から2人目)と脇を抱える崔洋一監督(左端)

 ロック歌手の内田裕也(77)が右足甲を骨折して1か月間の入院生活を送っていたことが12日、分かった。京都・西本願寺で開幕した「第4回京都国際映画祭」(15日まで)のオープニングセレモニーに出席。崔洋一監督(68)らに両脇を抱えられながら登壇した。

 関係者によると、夏頃に都内で転倒して右足甲を骨折。また、転倒とは別に肋骨(ろっこつ)にもひびが入っているそうで、数日前まで入院しリハビリ生活を送っていたという。取材後は車いすで移動。報道陣から体調について聞かれると、「大丈夫。車いす生活を楽しんでいます」と気丈に振る舞った。

 国際的な活躍が期待される俳優に贈られる三船敏郎賞には浅野忠信(43)が選ばれた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)