木村太郎氏、清水良太郎容疑者逮捕に「芸能界そのものの犯罪に対するルーズさがこういう人間を生んだ」

2017年10月13日14時41分  スポーツ報知
  • 警察官に連行され目白署から送検される清水良太郎容疑者(カメラ・小泉 洋樹)

 ジャーナリストの木村太郎氏(79)が13日放送のフジテレビ系「直撃LIVEグッディ!」(月~金曜・後1時45分)に生出演し、11日に覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで警視庁目白署に逮捕されたタレント・清水アキラ(63)の三男でタレントの清水良太郎容疑者(29)について「芸能界そのものの犯罪に対するルーズさがこういう人間を産んでいる」と指摘した。

 木村氏は、今回の事件で親の責任について「29歳の刑法犯。それに対して親がどれだけ責任取れるのか。これは親じゃないですよ。29歳になったら本人だよ」と断言した。

 その上で「こういう人間にしてしまったのは芸能界だと思う」と持論を展開。良太郎容疑者が今年2月に違法カジノに出入りしていた報道で謹慎4か月としたことに「何が謹慎4か月。謹慎4か月なんて謹慎じゃないですよ、こんなもん」と示し、「覚醒剤に手を出したって言うけど、芸能界ぐらい薬物にソフトなところはない。スポーツ界なら永久追放になります。ところが、芸能界は、昔、覚醒剤で捕まったっていうニュースやった人が、何年かしてテレビ出てしゃべってるじゃないですか。そんなこと他の世界じゃありえない。芸能界そのものの犯罪に対するルーズさがこういう人間を生んでいる」との見解を示していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)