セクゾ・菊池風磨、父が嵐デビュー曲を作詞したことを黙っていて「ジャニーさんに怒られた」

2017年10月13日20時55分  スポーツ報知
  • Sexy Zone

 Sexy Zoneの菊池風磨(22)が、13日に放送されたテレビ朝日系「ミュージックステーション 2時間スペシャル」(金曜・後7時54分)に登場。父でシンガーソングライターの菊池常利が作詞した嵐のデビュー曲「A・RA・SHI」のエピソードについて明かした。

 番組では櫻井翔(35)が「僕たちのデビュー曲の『A・RA・SHI』の作詞をしてくださったのが、菊池のお父さんなんです。後に分かって。それをもって(菊池が)事務所に入ったというよりは、後々に(ジャニー喜多川)社長が知ることになったらしい」と明かし、MCのタモリが意外な事実に驚いた。

 すると菊池は「ジャニーさんに怒られました。『何で言わなかったんだ』って」と振り返ると、櫻井は「まぁ、言いづらいな」と理解を示し、菊池も「なかなか、言いづらかったです」と苦笑いした。

 菊池は現在、自グループの曲で作詞も行っている。「僕の親父が『A・RA・SHI』を作詞させていただいて、当時僕は4歳だったんですけれど、今でも格好いい歌詞だなと思う。こうやって(自分も)作詞をさせていただくことになったんですけれど、だからなおさらそう強く思う」と語っていた。

ジャニーズ
  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ