ホリプロスカウトキャラバン、史上初の男性GP 沖縄出身・定岡遊歩さんは破天荒キャラ

2017年10月30日5時0分  スポーツ報知
  • トロフィーを手に満面の笑みでピースする定岡遊歩さん(カメラ・小泉 洋樹)
  • 司会の小島瑠璃子から頭をたたかれる定岡さん

 深田恭子(34)、綾瀬はるか(32)らを輩出した「第42回ホリプロタレントスカウトキャラバン」の決選大会が29日、都内で行われ、沖縄県出身の化粧品販売員・定岡遊歩(さだおか・ゆうほ)さん(21)が応募3万6504人の頂点に立った。男女混合の大会での男性グランプリは初めてで、史上最年長の21歳で受賞。同郷のタレント・りゅうちぇる(22)をほうふつとさせる中性的で破天荒なキャラを武器に、バラエティーでの大成を目指す。

 名前が呼ばれた瞬間、定岡さんは天を仰いで必死に涙をこらえた。「人生で初めての一番をいただけたことに感謝してます」。女性6人、男性4人のファイナリストから審査員特別賞に井上祐貴さん(21)が選ばれた直後で、「1000%くらい女性が呼ばれると思った。ビックリです」と甲高い声で喜んだ。

 りゅうちぇるを思わせる奇抜な青紫ヘアに、自前の黒い網タイツ。自他共に認める中性的なキャラがさく裂した。出場者で解答をそろえるゲームでは「スカウトキャラバングランプリといえば?」のお題に、周囲が審査員の初代女王・榊原郁恵(58)を書く中、横にいた司会の小島瑠璃子(23)と回答。小島に頭をたたかれ、「おいしい? それはあった」とニヤリ。

 一方で個人パフォーマンス審査では、小学2年で始めたピアノを披露。楽譜は全く読めず「目と耳で弾く順番を覚えた」と、クラシック曲「エリーゼのために」、欅坂46の「サイレントマジョリティー」などを華麗に演奏。ハイテンションなトークとのギャップが審査員の心を打った。

 髪の色を週1ペースでピンクや黄緑などに変える破天荒キャラ。15年の春、高校の卒業式の7日後に上京し、ファッション関係の仕事を志した。都内の化粧品販売店で勤務中に「広瀬すずちゃんが来店して、芸能人のオーラに憧れた」といい、友達の勧めで応募した。

 今回は「気になるあの子」をテーマに、20年ぶりに男女を同時募集。男性のグランプリは男性限定で募集した91年以来、26年ぶり。女性の応募者が大半を占めたが、実行委員長のホリプロ・今村加菜さんは「何をしでかすか分からない、うちにいないタイプ。一番会場を沸かせた」と総評した。

 定岡さんには賞金100万円が贈られ、ホリプロとの専属契約が決定。「オールジャンルでみんなに愛されるタレントになりたい」と抱負。りゅうちぇるに対して「似てない。でも共演したい。話が通じないんじゃないか」とバラエティーでの化学反応を期待した。

 ★定岡遊歩(さだおか・ゆうほ)

 ▼生まれ 1996年7月21日、沖縄県生まれ。21歳。化粧品販売員。血液型B

 ▼家族 両親と兄、姉、双子の妹

 ▼名前の由来 「遊びながらたくさん学び、歩んでほしい」と父が命名

 ▼身長 172センチ

 ▼部活動 中学3年間、卓球部に所属。主将を務め、県大会4強に

 ▼特技 ピアノ、K―POPのカバーダンス

 ▼趣味 韓国料理を食べること

 ▼憧れの有名人 BIGBANG・G―DRAGON、小松菜奈

 ▼共演したいタレント 和田アキ子

 ▼好きな女性のタイプ 自分についてきてくれる人

 ▼賞金100万円の使い道 アメリカなど世界の衣装を買う

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ