三浦大知、紅白初出場が内定 デビュー20周年で念願かなえる

2017年11月13日4時0分  スポーツ報知
  • 夢舞台の切符をつかんだ三浦大知

 大みそかの「第68回NHK紅白歌合戦」に、歌手の三浦大知(30)の初出場が内定したことが12日、分かった。

 卓越した歌唱力とダンスパフォーマンスで知られる三浦が、満を持して紅白のステージに立つ。複数のNHK関係者によると、かねて円熟期を迎えつつある三浦の本格派のステージには、業界内外から支持が多かった。今年はシングル「EXCITE」が初のオリコンシングルチャート1位を記録したほか、フジテレビ系「めちゃ×2イケてるッ!」のオファーシリーズに出演するなど、一般的にも大きく知名度を上げたことから、念願の初出場へ大きく前進したとみられる。

 三浦にとっても今年は勝負の年でもあった。「Folder」時代からデビュー20周年を迎え、初めて自身のルーツである沖縄で凱旋ライブを実施。今年8月、紅白会場のNHKホールの裏手にある東京・代々木公園野外ステージでフリーライブを行った際には「もちろん歌を歌っている身として出させていただきたい舞台」とあこがれを口にしていた。現在は全国ツアー中で、来年には初のベストアルバムをリリース予定。紅白の出場を手みやげに、さらに飛躍を続けるつもりだ。

 今月9日にはNHK「SONGS」に出演し、圧巻のパフォーマンスを披露。生のステージを重視する紅白サイドにとっても、三浦のハイレベルなステージは目玉になるはずだ。

 ◆三浦 大知(みうら・だいち)1987年8月24日、沖縄県生まれ。30歳。97年「Folder」のメインボーカルとしてデビュー。2005年シングル「Keep It Goin,On」でソロデビュー。12年に日本武道館、13年に横浜アリーナ、17年に国立代々木競技場第一体育館で単独公演を成功。卓越した歌唱力、ダンスで「和製マイケル・ジャクソン」と呼ばれる。15年元日に一般女性との結婚を発表。昨年12月に長男が誕生した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ