西川きよし・ヘレン夫妻が毎日「一緒にお風呂に入る」納得の理由

2017年11月14日10時32分  スポーツ報知
  • ほおにキスされて照れる西川ヘレンと西川きよし

 元参院議員でタレントの西川きよし(71)が、妻のヘレン(71)とともに14日に放送されたフジテレビ系「ノンストップ!」(月~金曜・前9時50分)に出演した。

 西川夫妻は今年が結婚50周年の金婚式。前日の13日には「いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー2017」に選ばれ、夫婦そろって会見に出席していた。

 ヘレンは自身の更年期障害と3人の介護を乗り越えてきた。そんな苦しいヘレンを支えたのは、夫のきよしだった。ヘレンは「何だったら、僕が見てあげるよと。(参院議員としての活動など)仕事の中からでも、そういう言葉がけをしてくれた」と振り返り、きよしも「今日は朝から何があった? 家を出てから何があった? と全部聞いてあげて、スポンジなってあげた」という。そんな夫の姿にヘレンは「それがなければ、どんどん坂を転げていくと感じた」と、いつも話を聞いてくれる夫が支えになったと語った。

 いま、70歳を超えた夫妻は毎日一緒にお風呂に入っているという。その理由をヘレンは「2人が湯船の中で何かあってはいけない。ということのお互いの見守り合いで入っています」と説明していた。

 特に高齢者は入浴時に急激な温度差で心筋梗塞などになる「ヒートショック」になる可能性が指摘されており、特に冷える冬場は冷える傾向にあり、浴室暖房をかけておくなど注意が必要だ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ