“少女漫画の神”萩尾望都さん「ポーの一族」明日海りおのエドガー姿に「いやん、もう~」と大興奮

2017年11月16日16時42分  スポーツ報知
  • 宝塚歌劇・花組公演「ポーの一族」に主演するトップスター・明日海りお(右)とコミック原作の萩尾望都さん

 “少女漫画の神”といわれる漫画家・萩尾望都さん(68)の代表作「ポーの一族」が、来年1月に宝塚歌劇・花組で初めて舞台化(小池修一郎演出)されることになり16日、都内でトップスター明日海りおらが出席して製作発表が行われた。

 永遠に年を取らない運命を背負った少年エドガーを描く物語。萩尾さんは、明日海のエドガー姿を見て「いやん、もう~、心臓ドキドキ。あまりにイメージ以上で。この世のものと思えない。素晴らしすぎ。頭がどこかにいってしまいそう」と自身が生み出したキャラクターを興奮して直視できないほど。

 歌劇団を代表する演出家、小池氏が宝塚に入ろうと思ったきっかけが、今作の舞台化だった。30年近く前、偶然、喫茶店で萩尾さんと遭遇し「ファンです。いつか『ポーの一族』をやらせてほしい」と、アポなしの初対面にも関わらず、名刺を渡して“直訴”していた。

 萩尾さんは「男性のファンが珍しいと思った。あれから小池さんなら、いつでもOKのつもりでしたが、これだけ待たされた。でも待ったかいがありました」。脚本や演出については「注文は一切ありません」と全幅の信頼を寄せていた。共演は仙名彩世、柚香光ら。公演は兵庫・宝塚大劇場で1月1日~2月5日、東京宝塚劇場で2月16日~3月25日。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)