松尾雄史、亀戸天神社でヒット祈願「来年の紅白を目指したい」

2017年12月7日1時8分  スポーツ報知
  • 亀戸天神社で新曲のヒット祈願を行った松尾雄史

 演歌歌手の松尾雄史(26)が6日、東京・亀戸天神社で新曲「さよならを嘘にかえて」のヒット祈願を行い、発売記念イベントを行った。

 学問の神様として知られる菅原道真をまつる同神社を舞台にした新曲など、5曲を熱唱。「ファンの方のお子さんの合格祈願ソングになってほしい。この曲で来年の紅白を目指したい」とファン約100人を前に力強く語った。

 長崎県出身、180センチの長身イケメンの松尾。氷川きよし(34)、山内惠介(34)らを育てた作曲家・水森英夫氏(68)のまな弟子で、2012年に「くちなし慕情」でデビューした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)