荒木由美子、37年ぶり新曲発表会で涙の熱唱…夫・湯原昌幸も「すごく応援してくれました」

2017年12月7日14時1分  スポーツ報知
  • 新曲「私はブランコ」のお披露目会を行った荒木由美子

 デビュー40周年を迎えた歌手の荒木由美子(57)が7日、都内で37年ぶりの新曲「私はブランコ」のお披露目会を行った。

 大勢の報道陣の前に立つと「オーディションの時みたい。37年たつとマイクをどう持って、どう声を出してたんだろうというところから始まりますね」とニッコリ。12月~来年1月のNHK「みんなのうた」で放送される同曲を熱唱。夫で歌手の湯原昌幸(70)や長男(33)からも激励されたそうで、「新しいことに挑戦できることはすごく応援してくれました」と笑顔を見せた。

 1983年に湯原と結婚して2週間後に義母が病で倒れ、認知症を患った義母を約20年間介護した。「私のことや食べたものも分からなくなり、だんだん“子供”になっていった」という母への感謝を歌うカップリング曲「ありがとうはエンドレス」を歌いあげ、「お母さんって言葉はジーンとくる」と涙を流した。

 また、79年の主演ドラマ「燃えろアタック」の挿入歌「春の妖精」も披露した。

 荒木は76年、第1回ホリプロ・タレントスカウトキャラバンで審査員特別賞(グランプリは榊原郁恵)を受賞。77年に「渚でクロス」で歌手デビューした。湯原と結婚後、芸能界を引退。義母の介護と子育てを経て2004年に芸能活動復帰し、介護に関する講演会を約500回行ってきた。

 来年1月18日には、東京・恵比寿アート・カフェ・フレンズでトーク&ライブを行う。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ