斉藤由貴が映画「リベンジgirl」に出演…今年9月に撮影

2017年12月7日19時0分  スポーツ報知
  • 斉藤由貴

 女優の斉藤由貴(51)が映画「リベンジgirl」(12月23日公開、三木康一郎監督)に出演していることが、7日分かった。

 同作は女優・桐谷美玲(27)の2年ぶりとなる主演映画。性格以外は完璧な宝石美輝(桐谷)が政治家一家の御曹司・裕雅(清原翔)に失恋し、リベンジを果たすために総理大臣を目指すストーリーだ。

 斉藤が演じるのは「あすなろ政治塾」の講師で敏腕政治秘書・如月凪子という役どころ。美輝のウソをつかないところに目をつけ、「あなたを総理大臣の椅子に座らせてあげましょうか」と時には厳しく接しながら、暖かく美輝をサポートする。

 斉藤は今年9月、TBS系ドラマ「カンナさーん!」(火曜・後10)出演中にダブル不倫が発覚。同作は、ダブル不倫騒動中に撮影された。チラシには斉藤の名前は記載されていないが、エンドロールのクレジットでは斉藤の名前は役者陣の締めとなっている。

 この日行われた完成披露舞台あいさつには、桐谷、鈴木伸之(25)、清原翔(24)、佐津川愛美(29)、竹内愛紗(16)、三木康一郎監督(47)が登壇。斉藤は不参加だった。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ