柏木由紀子、坂本九さん遺作の「心の瞳」娘と披露「一緒に歌っているんだという感じがした」

2017年12月7日18時49分  スポーツ報知
  • 恒例のクリスマスコンサートを前に取材に応じた(左から)(左から)大島花子、柏木由紀子、舞坂ゆき子

 故・坂本九さん(享年43)の妻で女優の柏木由紀子(69)と長女の歌手・大島花子(44)、次女の女優・舞坂ゆき子(41)が7日、都内で恒例のクリスマスコンサートを行った。

 坂本さんの三十三回忌の今年、遺作の「心の瞳」に3人がコーラスとして参加した。開演前に取材に応じた柏木は「亡くなって32年たちますが、テレビで一度も歌うことができなかった曲。坂本九の声がスタジオの中で。一緒に歌っているんだ、ここにいるんだなという感じがした。一生懸命やりました」。8日の夫妻の結婚記念日を始め、10日は坂本さんの76度目の誕生日、24日は自身の誕生日。「12月は思い出が多いですね。1年のうちで、一番思い出深い、大好きな月です」と話した。

 コーラス参加に、大島は「感無量といいますか。父の音楽を感じながら、歌わせてもらえるのはいい思い出。宝物になりました」としみじみ。「母がまもなく古希。節目の年を迎えるにあたり、ますます頑張っていこうとメモリアルな会になりそうです」と話した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ