「とんねるずのみなさんのおかげでした」来年3月で終了 30年超の歴史に幕

2017年12月7日21時54分  スポーツ報知
  •  
  • 東京・台場のフジテレビ

 7日放送のフジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」(木曜・後9時)で、同番組の来年3月での終了が発表された。

 番組の最後に、とんねるずの2人が背広姿でコントを繰り広げ、その中で終了が発表された。その後、「3月までおもしろいことをやり続けます」のナレーションが流れ、とんねるずが笑顔で肩を組んでいる写真とともに「最後までよろしくお願いします」のテロップが流れた。

 フジテレビは、「『とんねるずのみなさんのおかげでした』は、『とんねるずのみなさんのおかげです』に始まり30年以上に渡って“木曜よる9時枠”の看板を背負い笑いと感動をお届けして参りました。とんねるずのお二人には長年全速力で走り抜け、弊社に多大なる貢献をして頂いたことに大変感謝しております。番組終了まで変わらず『とんねるずのみなさんのおかげでした』らしい番組制作に努めて参ります」とのコメントを発表した。

 同番組については同局系「めちゃ×2イケてるッ!」(土曜・後8時)とともに、2大看板バラエティー番組が来年3月に終了するとの報道があり、「めちゃイケ」は4日の放送で、来春での終了が正式に発表された。

 「とんねるず-」に関しては、1日に行われたフジテレビの定例社長会見で、宮内正喜社長(73)に同席した石原隆編成統括局長が「事実ではございません。仮の話ですので、現時点では何も決まっていません」と答えていた。

 9月28日に放送された同番組の特別番組「とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP」では、石橋演じるキャラクター「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」が30週年の記念として復活、一部で同性愛者を明らかに馬鹿にして差別し、偏見を助長するという意見が噴出。

 この件に関して番組HPで謝罪したほか、宮内社長が定例会見で「今回、時代認識が欠けていたというご指摘がありました。的確な指摘と思っています。テレビマンとしても意識を変えることをして行かないといけないと自覚した所です」と反省の弁を述べ、石原統括局長も「社内におけるセミナーなど、LGBTに対する社員の意識を高めるための研修システムを構築しようとしている所です。より勉強して、理解を深めたいと思っています」と話していた。

 「みなさん-」は1986年に特番で始まり、88年10月からレギュラー化となった30年に渡る歴史を誇る人気長寿番組。「とんねるずのみなさんのおかげです」「ラスタとんねるず’94」「とんねるずの本汁でしょう!!」「とんねるずのみなさんのおかげでした」と題名が変遷し、すべての放送回数は7日の放送で1359回にのぼる。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)