乃木坂・西野七瀬、髪20センチバッサリ「しっくりきている」体当たり演技にも挑戦

2018年1月13日6時0分  スポーツ報知
  • 初の主演ドラマの会見に出席した「乃木坂46」の西野七瀬。役作りのため髪を20センチバッサリ(カメラ・小泉 洋樹)
  • 髪が長かった頃の西野

 「乃木坂46」の西野七瀬(23)が12日、東京・六本木のテレビ東京で初の主演ドラマとなる同局系「電影少女―VIDEO GIRL AI 2018―」(13日スタート、土曜・深夜0時20分)の記者会見に出席した。

 西野は役作りのため、髪を約20センチバッサリ切って撮影に臨んだ。「この短さは人生の中でなかったですが、しっくりきている。切ってよかった」と笑顔を見せた。

 1990年代に「少年ジャンプ」で連載されていた「電影少女」を現代版にして実写化。ダブル主演の野村周平(24)が演じる高校生・弄内(もてうち)翔が古いビデオデッキを再生すると「なぐさめてあげる」のメッセージとともに西野演じる美少女「ビデオガール・アイ」が、画面から現実世界に飛び出す。

 アイは自分のことを「オレ」と呼ぶ男勝りで天真らんまんな少女。もてなくて悩む翔のため、いたずらっぽい笑顔を見せながら力になろうとする。内気でシャイな性格で知られる西野が何度も脚本を読み込んで役作りした。「私とアイちゃんでは違う部分しかない。メッチャ苦労しました」

 原作はアイが恥らいなく服を脱ぐなど少々過激なシーンで当時の少年の心をつかんだ。野村も「原作を読んで西野さんがアイの役をやるんだって思うと…僕は楽しみで仕方がなかった」と思わず本音を漏らす。今回、西野も翔に抱きついたり、バスタオル姿で翔を追い回してタオルが落ちるなど、本来の性格からは考えられない体当たり演技に挑戦する。

 女優として自分の殻を破ろうと、自らの性格とは180度違う役に挑んだ西野。「(撮影を離れて)乃木坂に戻った時もまだ男っぽいキャラが残っちゃうんです」と恥ずかしそうに笑っていた。

 ◆西野 七瀬(にしの・ななせ)

 ★生年月日 1994年5月25日
 ★出身地 大阪府
 ★愛称 ななせまる
 ★加入 2011年8月、乃木坂46オーディションに合格。
 ★デビュー 12年2月「ぐるぐるカーテン」
 ★初センター 14年4月「気づいたら片想い」
 ★身長 159センチ
 ★血液型 O
 ★趣味 料理
 ★高校時代の部活 ダンス部
 ★好きな食べ物 パスタ、うどん
 ★好きなジブリ作品 「もののけ姫」「千と千尋の神隠し」
 ★得意料理 チャーハン
 ★憧れの彼氏像 ポイ捨てしない、動物と人を大事にする、ひっぱってくれて、一緒におって落ち着ける人

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)