雨上がり・宮迫、夢はアニソン歌手!憧れの水木一郎と対面し「泣きそう」

2018年1月13日11時38分  スポーツ報知
  • 映画「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」の初日舞台あいさつに出席した水木一郎、宮迫博之

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之(47)が13日、都内でゲスト声優を務めた映画「劇場版 マジンガーZ/INFINITY」(志水淳児監督)の初日舞台あいさつに出席した。

 1970年代を中心に人気を集めた永井豪氏(72)の原作によるロボットアニメが45年ぶりに映画化。敵キャラクター・あしゅら男爵の声を演じた宮迫は、「子供の頃から憧れてた。友達の超合金(のオモチャ)のロケットパンチをなくして問題になったり、いろいろなことがフラッシュバックして、感慨深すぎて泣きそうです」と興奮気味に話した。

 子供の頃、一番最初に抱いた夢はアニメソング歌手だった。特に同作のオープニングテーマを担当した歌手・水木一郎(70)に憧れたそうで「横並びに立ってると心臓がバクバクします」。水木が隣りの永井氏に「先生、新しい何か(作品)がありましたら、ぜひ!」と宮迫のアニソン歌手デビューを“アシスト”すると、宮迫は「こんなとこで何の交渉してるんですか…」とタジタジだった。

 イベントのラストは、水木が「国歌のような歌」と称する同曲を大合唱。宮迫は「アニキ~!」と掛け声を飛ばすなどノリノリだった。

 このほか、森久保祥太郎(43)、茅野愛衣(30)、上坂すみれ(26)、花江夏樹(26)、志水監督が出席した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ