斎藤工、キムタクの「煎じて垢を飲みたい」ドラマ共演で気配り絶賛

2018年1月18日13時12分  スポーツ報知
  • 斎藤工

 俳優の斎藤工(36)が18日放送のテレビ朝日系「徹子の部屋」(月~金曜・正午)に出演。この日スタートの同局系新ドラマ「BG~身辺警護人~」(木曜・後9時)で共演する元SMAPの木村拓哉(45)について「煎じて垢を飲みたい」と絶賛した。

 木村は1年ぶりの連ドラ主演で、21職種目となるボディーガード役に挑戦。斎藤は木村に反発する同僚のボディーガード役を演じる。

 MCの黒柳徹子(84)から木村の印象を聞かれた斎藤は「本当に優しい方」とし、「スタッフさんの技術さんたち、アシスタントの方も含めて、どうしてこの世界を志したかってこと(を聞いたり)だったり、名前で呼ばれたり。本当に洞察力とチーム、仲間に対する優しさっていう」と気配りを絶賛した。

 斎藤が「座長として、本当に煎じて垢を飲みたいくらい」と言うと、徹子は「本当に?」と驚いていた。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ