ママになった赤江珠緒アナが1年間の産休経て4月にTBSラジオ復帰…吉田明世アナが発表

2018年2月5日14時25分  スポーツ報知
  • 赤江珠緒アナウンサー

 2017年3月をもって、TBSラジオ「たまむすび」(月~金曜・後1時)から離脱していたフリーアナウンサーの赤江珠緒さん(43)が、産休・育休を経て18年4月からパーソナリティーとして戻ってくる。5日放送の同番組内で、TBS・吉田明世アナ(29)が発表した。

 吉田アナは番組冒頭で、「出産、育児に専念するためお休みしていた赤江珠緒さんですが、『赤江珠緒 たまむすび』として月曜から木曜までのパーソナリティーを担当します」と告知。月曜パートナーのカンニング竹山(46)も「ママになった赤江さん、親になった赤江さんのトークの楽しみ」と復帰を喜んだ。

 報告した吉田アナは現在第一子を妊娠中。4月から産休に入るため、「おめでた休みリレー」となる。竹山は吉田アナに、「このスタジオでママトークをしてみては?」と提案した。

 赤江アナは2008年11月23日に3歳年上のテレビ朝日報道局ディレクターと結婚。17年2月にTBSラジオ「赤江珠緒 たまむすび」の生放送で第1子妊娠を報告し、同3月30日、同番組を降板、産休に入った。同7月27日、第1子女児を出産した。

 赤江アナは育休中も「たまむすび」内でお子さんの近況を報告しており、17年末の電話出演では、生後5か月の赤ちゃんが“日本ハムの清宮に似ている”と話していた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)