松本潤、ネット写真解禁“嵐1号”…バレンタインは「男子も心の中で『どうなのかな』とソワソワしている日」

2018年2月7日12時23分  スポーツ報知
  • チョコレートで作った自身のチョコレート像「チョコ潤」と対面し笑顔の嵐・松本潤

 嵐の松本潤(34)が7日、都内で行われた「明治ミルクチョコレート バレンタインPRイベント」に出席。1週間後に迫ったバレンタインについて語った

 同社のイメージキャラクターを務める松本は、女性がバレンタインでソワソワする雰囲気を察して「男子も心の中で『どうなのかな』とソワソワしている日。意識していないようで、でも意識する」と共感。バレンタインの思い出を問われると、幼稚園時代に駄菓子屋の同級生から毎年もらう大量のチョコレートが楽しみだったと明かして「多い日は何個も食べて鼻血が出るほど(食べた)。うれしい思い出」と語った。

 14年にはフジテレビ系ドラマ「失恋ショコラティエ」でチョコレート職人を演じており「(当時)たくさん作らせてもらって、今でも作れると思う」と語った松本。もし作ったら誰に贈るかと問われると、考えた揚げ句、嵐のメンバーで作る“スイーツ部”を挙げて「嵐のメンバーが一番いいかな。手作りはちょっと(気持ちが)重たいし、メンバーなら傷つかなくていいかな」と答えた。

 イベントでは、明治チョコレート1040枚などで松本潤を作った74キロの「チョコ潤」と対面し、「初めてです、こんなことは。うれしい」と驚いた。「チョコ潤」は、2月11日限定で渋谷・109前のイベントスペースで設置、特製フォトスポットとともに“2ショット”撮影することも出来る。「チョコ潤が待っているので、ぜひ渋谷に足を運んで」とPRし、出来具合を問われると「99・9点です」と、現在出演中のTBSドラマをひっかけ笑わせた。

 また、たくさんの報道陣を前に「今日はネットのあれですか?報道陣が多いですね」と、ネットでの写真解禁“嵐1号”に少し驚いた様子も見せていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)