安東弘樹アナ、フリー転身をラジオで生報告「期待と不安が見事に50%ずつ」

2018年2月9日13時28分  スポーツ報知
  • TBSの安東弘樹アナウンサー

 アンディの愛称で人気を集めるTBSの安東弘樹アナウンサー(50)が9日、パーソナリティーを務める9日のTBSラジオ「たまむすび」(金曜・後1時)に生出演。3月末で退社し、フリーアナウンサーに転身することを発表した。

 玉袋筋太郎(50)からフリー転身を報じた本紙を手に「安東アナ、フリー!?」と話を振られた安東アナは「3月31日をもってTBSを退社することにしまして」と報告。現在はアナウンス部、部次長として部をまとめる傍ら、「日本カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員を務める安東アナ。「すべての業務がほかの人に迷惑をかけなければできなくなってきた。限界を感じてきたというのが第一にあります」とし、「全部が中途半端になってしまうという状況をあと10年続ける可能性があるということを考えたら、色んな人に迷惑をかけるし、自分も負担という部分もあるので、何かに集中するっていう選択肢をしなければならないというのが大きい」と語った。

 俳優・古田新太(52)とかつて一緒にラジオ番組していた縁で大手芸能プロダクション「キューブ」に所属することも報告。「50にして、小学生の子供も2人いるのに」「期待と不安が見事に50%ずつ」と率直な心境を明かした。

 玉袋から「麿(セクハラ騒動で降板した元NHK登坂淳一アナ)の席が空いてるぞ」と言われると「報道テイストに僕ができるか、どうかなっていうのもありますけど」としたが、東京MXは?の問いには「興味ありますねえ」と新規開拓に意欲を見せた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)