“断れない男”XJAPAN・Toshl、銀座の母から「別れの一本杉」リクエストされ

2018年2月9日23時2分  スポーツ報知
  • 「X JAPAN」Toshl

 9日放送のTBS系「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」(金曜・後8時57分)に、ロックバンド「X JAPAN」のボーカル、Toshl(52)が出演。驚異の的中率を誇る占い師“銀座の母”に「頼まれたら断れない」運命について相談した。

 ToshlはX JAPANとしての先行きに不安を感じていた時期に結婚。元妻を通じて知った自己啓発セミナーに通う中で、全財産をつぎ込み、結婚10か月で持ち金がつきるほど傾倒し“洗脳”された。06年10月「X JAPAN」再結成話が持ち込まれ、3億円の契約金が入ると聞いたセミナー主催者が目の色を変えた際に初めて疑いを持ち、脱退することができたと告白した。

 “銀座の母”は「過去に金に苦労したよな?」「人にだまされたり無駄遣いがある。何かあったよな?」と手相を見ただけでズバズバと指摘。Toshlの本名の字画も「大凶」と一刀両断した。しかし今後の楽曲提供などの活動で使おうと思うとした「龍玄とし」のペンネームは「これは最高」と太鼓判を押し、安心させた。

 相談終了後、Toshlが「何か一曲歌ってよ」と“銀座の母”から無茶ぶりされたのは、春日八郎の「別れの一本杉」。面食らいながらも童謡「ふるさと」をやさしく歌い上げた。良いムードだったが、相談に同席したTBS・江藤愛アナから「すごくいい時間だったんですけど、やっぱりToshlさんって断れないんだなと」と鋭い指摘。Toshlは「これからは断れるようにします」と照れ笑いしオチをつけた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)