ディーン・フジオカ、復讐の鬼!連ドラ単独初主演、フジテレビ系「巌窟王」

2018年2月10日5時0分  スポーツ報知
  • ディーン・フジオカ

 俳優のディーン・フジオカ(37)が、4月期のフジテレビ系「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」(木曜・後10時)で連ドラ単独初主演することが9日、分かった。

 「巌窟(がんくつ)王」の邦題で知られる、アレクサンドル・デュマの同名小説が原作。現代の日本に設定を変え、冤罪(えんざい)によって15年間、異国の地で獄中生活を送った主人公・暖(ディーン)の復讐(ふくしゅう)劇を描く。サイレント映画時代から何度も映像化されている名作だ。

 思わぬ幸運で獄中から逃れ、巨万の富を得た暖は、知力と財力を駆使し、自らの人生を狂わせた3人の男たちに仕返しをしていく。獄中時代は長髪ひげ面の風貌だが、出獄後は身分を隠し、美しい顔立ちの別人として舞い戻る「表」と「裏」の顔を持ったキャラクターで、新境地を見せる。

「プレッシャー感じた」 ディーンは「光栄な思いと同時に、数々のリメイク作品を見てきたこともあった。壮大なスケールにプレッシャーも感じた」。明るく爽やかなイメージを覆し、“復讐の鬼”と化す役どころに「絶望の中、復讐を果たすために息をし続ける暖。第1話の台本を読み、壮絶な物語が待っていると確信した。結束し、これまでにない衝撃を皆さまにお届けするため、全身全霊で演じたい」と意気込んだ。

 復讐の矛先となる3人には、関ジャニ∞の大倉忠義(32)、新井浩文(39)、高橋克典(53)。暖の婚約者(山本美月)を奪おうとする恋敵・幸男役の大倉は「演じたことのない役柄に挑戦させていただけることをうれしく思う」。暖の出世を妬み、ワナにはめた同僚・清役の新井は「(昨年10月期のドラマ)『刑事ゆがみ』の浅野忠信さんみたいに、賞を取りたい」と気合十分。暖を監獄に入れた警察官・公平役の高橋は「日ごろ多い警察官の役ですが、どのようなことを要求されるか、どう描かれるかも楽しみ」とコメントした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)