AKBメンバー24人が東北3県で復興支援ライブ、横山由依「これからも続けていけたら」

2018年3月11日22時44分  スポーツ報知
  • 被災地を訪れた横山由依(右端)らAKB48グループのメンバー

 AKB48の横山由依(25)らメンバー24人が東日本大震災の復興支援として今月4日に岩手、宮城、福島の3県を訪問しライブなどを行った。

 AKBグループでは「誰かのために」プロジェクトとして2011年5月から東北などを訪問。握手会やクリスマス、バレンタインイベントなど定期的に被災地のファンを励ましてきた。今回で67回目となる。

 宮城県牡鹿郡女川町を訪れた横山は「私たちにできることで何か復興のお手伝いになれればと思いますし、これからも(この活動を)続けていけたらなと思います」。一緒に訪れたSTU48キャプテンの岡田奈々(20)も「震災の後に産まれた子どもたちも今日、たくさん来ていました。その姿を見ると少しずつ復興してきているし、この場所ですくすくと元気に育っている子どもたちが沢山いることに感動しました」とコメントした。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ