渡辺正行、過去の200万円盗難被害を告白

2018年3月14日9時33分  スポーツ報知
  • 渡辺正行

 お笑いタレントの渡辺正行(62)が、13日深夜放送のテレビ東京系「チマタの噺」(火曜・深夜0時12分)に出演し、過去の盗難被害を告白した。

 「気になるチマタ」について「俺ね、すごく泥棒とかに入られる」とMCの落語家・笑福亭鶴瓶(66)に相談した渡辺。「今の家は1回(泥棒に)入られて、未遂に終わったのを報道された」と切り出すと、「昔、預金通帳とはんこを盗られて、銀行でお金をおろされているんです。200万(円)」と告白。警察に連絡したところ「身内、知り合いの犯行じゃないですか?」と言われ捜査に。

 監視カメラ映像から「(知人の)女の子だったんです」と明かした渡辺。「画像が粗いから特定はできない」としながらも、当時付き合いのあった女性の1人だったと話した。「(捜査が)これ以上進むと何か…いけないなと思って、警察の人に(捜査は)もう結構です」と平謝りした経験を語った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ