読売テレビ、3月31日巨人阪神戦前に特番 

2018年3月14日16時9分  スポーツ報知
  • 東京ドーム

 読売テレビは14日、大阪・中央区の同局で改編会見を行い、今季のプロ野球中継を16試合放送すると発表した。

 開幕カードとなる3月30日からの巨人・阪神3連戦(東京ドーム)では、2戦目となる31日の同カード(後2時開始)の試合前に特番「あすリートスペシャル 金本阪神3年目の執念」(31日・後0時54分、関西ローカル)を放送する。阪神ファンで知られるNMB48・山本彩(24)、ココリコ・遠藤章造(46)らが球場から生出演で「阪神愛」を語るほか、金本知憲監督(49)の密着ドキュメント、原辰徳氏(59)が語る「伝統の一戦」の名場面、桑田真澄氏(49)が阪神・藤浪晋太郎投手(23)の完全復活にかける思いについて語るなど、さまざまな企画で試合を盛り上げる。

 松本拓也編成部長は「巨人、阪神という切り口はうちが一番かなと思っている」と説明。昨年と比べると、深夜の放送枠など4試合減となったが、巨人戦以外で阪神主催8試合なども同局制作で放送する。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ