山本圭壱、めちゃイケ最終回はオープニングから登場 相方・加藤は感謝「地上波は難しいと…」

2018年3月31日23時48分  スポーツ報知
  • 極楽とんぼの加藤浩次(右)と山本圭壱

 お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱(50)が31日放送のフジテレビ系「めちゃ2イケてるッ!」(後6時半)の最終回放送で、スピーチした。

 岡村の結婚式でのスピーチという設定で、メンバーがスピーチ。山本は「今回、最終回ということにあたって、オープニングからみなさんの前にいて、集まって番組の最初からいられることはありがたいなと思いました」と感謝の言葉を述べた。

 VTRでは自身の存在が番組終了の要因になったと思っていると告白。「後ろから大きな声でガヤしている加藤を見て、めちゃイケに帰ってきたなと。最終回に寄せていただきありがとうございました」と話した。

 相方の加藤浩次(48)は番組終了に「1番(メンバーの中で)往生際が悪かった。本当に悔しいです」と話しながらも、最終回の演出に感謝。「最後のテレビに山本さんが出られないと思っていた。地上波に使ってくれるのは難しいと思っていた。でも最後のオンエアで頭から使ってくれた。局の上の方と戦って出していただいて、スタッフのみなさん、ありがとうございました。その思いは受け止めているつもりです」と涙ながらに語った。

 番組では「めちゃ日本女子プロレス」を13年ぶりに実施。山本がふんするダンプ山本と加藤がふんするブル加藤の「極楽同盟」で井上京子(48)、紫雷イオ(27)コンビとガチンコ対決。井上から「お前捕まってただろう」とマイクパフォーマンスで謹慎騒動をいじられ、最後は2人が紫雷のムーンサルトプレスを浴びフォール負けしていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)