狩野英孝、「ゴキブリ」アレルギーだった…「遭遇しなくても下水道の上を歩いただけで反応」

2018年4月2日13時36分  スポーツ報知
  • 狩野英孝

 タレントの狩野英孝(36)が2日、自身のブログを更新し、「ゴキブリ」アレルギーであることを明かした。

 先月25日のブログで「アレルギーとアトピー性皮膚炎で最近手が荒れて 小指がパックリ割れてしまった。。痛い」などと苦しみをつづっていた狩野。この日のブログでは「花粉症、アレルギー検査へ」とし、検査結果が記された用紙の写真をアップ。

 スギやヒノキ、よもぎなど様々な項目で反応が出ており、「僕の場合ほぼ1年中、花粉症です‥ダニとハウスダストも高いなぁ。。どんなに、キレイにしててもソファやお布団から出てくる、ハウスダストでセキが止まらなくなる時があるから 普通の民たちが決して口にすることの出来ない薬を飲まないと」と通年治療を続けることを明かした。

 さらに「今日初めて言われたのが『ガ』や『ゴキブリ』アレルギー」と告白。「『ガ』や『ゴキブリ』に遭遇しなくても下水道の上を歩いただけで、アレルギーが反応する事があるらしい。。なにそれ これからは、マンホール見つけたら避けて歩かないと」と明かした。

 最後は「アレルギー 喉も肌も 荒れるギ~」と一句詠み、「生きるって難しい‥」とつづっていた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)