KAT―TUN、2年ぶり再出発 亀梨「次の一歩」

2018年4月21日6時0分  スポーツ報知
  • KAT-TUN

 「KAT―TUN」が20日、約2年ぶりとなる東京ドーム公演を行い、16年5月1日からの充電期間を経て“完全復活”した。亀梨和也(32)は「みんなで次の一歩に進む」と5万5000人のファンと再出発の喜びを分かち合った。

 復活を告げる1曲は、充電前ラスト公演の本編最後に歌った「君のユメ ぼくのユメ」を選んだ。「ドームの景色、すごく感慨深い。絶対にここに戻ってくるという強い気持ちがあった」と亀梨。上田竜也(34)は、仏頂面で照れ隠ししながら「昨日、ワクワクしすぎて全然眠れなかった」と語り、中丸雄一(34)も「無事に普通に活動できることがうれしい」。2度のアンコールに応え、30曲を響かせた。

結束三本の矢 結成当初は6人だったが、赤西仁(33)、田中聖(こうき、32)、田口淳之介(32)が次々とグループを去った。形を変えながら活動は続けてきたが、本当の意味での“新生KAT―TUN”を作り上げるため、覚悟を持って一度立ち止まる時間を作った。復活公演は結合を意味する「UNION」をタイトルに、ロゴは結束の強さを表す三本の矢にした。

 2年前、3人は涙を浮かべながら肩を寄せ合った。再び3人で歩み始め、8月から全国アリーナツアー(8か所23公演)の開催も発表された。充電のため放送終了した「KAT―TUNの世界一タメになる旅!」(TBS系)がタイトルに「+」を加え、5月3日から動画配信サービス「Paravi(パラビ)」内でレギュラー復活する。「成長した姿を見せるのは、これから」と亀梨。“第2章”は始まったばかりだ。

渋谷すばる脱退、退所

  関ジャニにエール

 〇…3人は開演前、今月15日に渋谷すばる(36)の脱退、事務所退所が発表された「関ジャニ∞」にエールを送った。亀梨は「(渋谷は)1人の男として決断した。近くで見てきて、すばるくんの才能、やりたいことに感じるものはあった。でも、関ジャニ∞はチームワークがいい。今回のことで生まれる絆もあると思う」と語った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ