宝塚星組・天華えまが“あの世”で3度目センター快演「御霊の触れ合いを感じて幸せ」

2018年5月15日20時48分  スポーツ報知
  • きらびやかな衣装で終演後、2ショットにおさまる天華えま(右)と星蘭ひとみ

 宝塚歌劇星組の落語ミュージカル「ANOTHER WORLD」の新人公演が15日、兵庫・宝塚大劇場で上演され、入団7年目で3度目の新公主演を務めたホープ・天華(あまはな)えまが、大劇場を“爆笑天国”に変えた。

 人間国宝・桂米朝さん(故人)の至芸で知られる上方落語の大ネタ「地獄八景亡者戯(じごくばっけいもうじゃのたわむれ)」をベースに、“あの世”での大騒動を描くコメディー。

 “上方の二枚目”康次郎(本役・紅ゆずる)を演じた天華は、カーテンコールで「落語という伝統芸能とタカラヅカとのコラボレーションで、間合いが難しかったですが、なかなかできない作品。セリフにもある『御霊(みたま)の触れ合い』をたくさん感じさせていただき、幸せに思います」と、あいさつした。

 全場面、出ずっぱりで、膨大なセリフ量がある役どころだが、関西人(滋賀県出身)らしい笑いのセンスとテンポ感で、大阪の船場言葉をまくし立てて沸かせた。これまでの新公主演作「桜華に舞え」「スカーレット・ピンパーネル」とはまったく違う世界観で、新しい“引き出し”獲得を印象づけた。

 それでも、終演後は「紅さんは間合い、反応の返し方が素晴らしい。1から100まで教えていただきましたが、100分の1も出せなかったと反省しています」。東京宝塚劇場での新人公演(7月5日)で「ぜひリベンジを。死んだ気になって、やり遂げたい」と前進を誓った。

 相手役のお澄は、4年目の星蘭(せいら)ひとみが「ベルリン、わが愛」に続く2回連続のヒロインを務めた。「日本物の所作や関西弁が難しかった。東京では、よかったところが一つでも増えたらいいな」と話した。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)