綾小路翔「夏は全てをここに懸ける」…「サニー・トレイン―」フェスをPR

2018年5月16日8時0分  スポーツ報知
  • “サニトレ”をPRする綾小路翔

 人気ロックバンド「氣志團」の綾小路翔(42)がこのほど、札幌市内のSTVで、7月28日に岩見沢で開催される同局主催の野外イベント「サニー・トレイン・レビュー2018~テレビがフェスつくっちゃいました!~」を熱烈PRした。

 ライブだけでなく、プライベートでも頻繁に訪れるという北海道での夏フェス。「本当に好きな場所で。大自然、食、そして女の子のかわいらしさ(笑い)…。スケールが違う」。思い入れのある北の大地で、ステージ魂を爆発させる。

 出演は、氣志團をはじめゴールデンボンバー、けやき坂46、こぶしたかし(レイザーラモンRG)らバラエティー豊かなアーティスト12組。「“強豪”ばかりだけど、やるからには、ぶっちぎり一番にならないと。それぞれが負けたくないと意地を見せ、普段とは違う熱量が出る。そこでしか見られないキセキが起きる。そこに醍醐味(だいごみ)があり、フェスの意味がある」と気合十分だ。

 バンドは昨年、結成20周年を迎えた。「生き馬の目を抜くような世界で、しぶとく生きてきた。その矜持(きょうじ)を示したい。この夏は全てをここに懸け、全てをお見せしましょう!」と腕をさすってアピールした。(石井 睦)

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)