伊勢谷友介、「人間よりコンピューターなら、正確性増す」RPAテクノロジーズ社就任記者発表会

2018年5月17日12時53分  スポーツ報知
  • RPAテクノロジーズ社の記者発表会に出席した伊勢谷友介

 俳優で映画監督の伊勢谷友介(41)が16日、都内で行われたRPAテクノロジーズ社のCMキャラクター就任記者発表会に出席した。

 同社は、人工知能を備えたソフトウェアのロボット技術により、事務作業を自動化、効率化するRPA分野のリーディングカンパニー。伊勢谷は「人間よりコンピューターがやれば、正確性も増すし、人為的な書き換えもなくなる。昨今のね…、国会が止まることもなくなりますし」と語った。

 自身は「人類が地球に生き残るためにはどうするべきか?」を掲げ、09年に設立した「リバースプロジェクト」の代表を務める。「子供たちが『あの人たちが生きていて良かった』と思えるような社会を作ってあげたい」。今後のビジョンについて「これからの未来のことを心配して、アクションを起こすこと。それが僕の使命だと感じ、未来を考えながら生活していきたい」と決意表明した。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)