【川崎】亡くなった西城秀樹さんにメッセージ「謙虚で気さくな笑顔がとても素敵な方だった」

2018年5月17日16時10分  スポーツ報知
  • ハーフタイムショーで歌う西城秀樹さん(11年7月、川崎・福岡戦)

 J1川崎は17日、歌手の西城秀樹さんが急性心不全で亡くなったことを受け、公式ツイッターでメッセージを発信した。西城さんは2000年の川崎市制記念試合で初登場し、ハーフタイムでヒット曲の「YOUNG MAN(ヤングマン)」を熱唱。2004年からは2007年を除いて毎年「川崎市制記念試合」ではハーフタイムショーを行ってきた。

 クラブとしてずっとつながりのあった人ということもあり、「いつも謙虚できさくで笑顔がとても素敵な方。せっかくのご縁だからと、フロンターレのサポーターのために、わずか数分の出演にも関わらず毎回毎回リハーサルから一切の妥協を許さない厳しい方でもありました。あの、等々力が一体となる瞬間が大好きでした。秀樹さん、ありがとうございました」とツイートした。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能
今日のスポーツ報知(東京版)