「PASSPO☆」9月で解散…根岸&森は楽曲歌い継ぎ音楽活動継続へ

2018年5月18日19時17分  スポーツ報知
  • 15年5月、8人時代のPASSPO☆。(左から)藤本有紀美、森詩織、玉井杏奈、増井みお、根岸愛。(右から)安斉奈緒美、岩村捺未

 7人組ガールズロックユニット「PASSPO☆」が18日、9月22日のワンマンライブ(中野サンプラザ)を最後に解散することを公式サイトで発表した。

 「昨年末より今後の活動やクルーそれぞれの将来について、本人達と話し合いを重ねてきた中で、別の道で挑戦したいという希望が出て参りました。その中であらゆる可能性を踏まえてクルー、スタッフ共にPASSPO☆という形を残すことに尽力してきましたが、『この7人で続けられないのであれば』という思いがあり、最終的に解散という道を選ぶこととなりました」などと経緯を説明。

 「最後まで『解散後もPASSPO☆の楽曲を歌い継いでいきたい』という意志が揺るがなかった根岸、森に関しましては、何かしらの形で彼女たちが歌い続けられる場所を残していきたいと考えております」と根岸愛(25)、森詩織(25)は音楽活動を継続していく模様だ。

 09年に10人でスタート。11年メジャーデビューし、女性グループデビューシングルとしてオリコン史上初の週間ランキング初登場1位を獲得。これまで3人のクルー(メンバー)が卒業。追加メンバーはなく、オリジナルメンバーだけで活動してきた。

 メンバーは「ワンマンフライトをもって解散することになりました。“おばあちゃんになってもPASSPO☆”と言い続けていたにも関わらず、このような結果になってしまい本当に本当にごめんなさい。お互い家族のような存在のクルーだからこそ、望んだ別の道があるなら、尊重してあげたいと思ってしまいました。勝手な結論になってしまい本当にごめんなさい。何にもできない、渋谷にいただけのJC、JKの自分たちに自信を持つことが出来たのも、PASSPO☆があったからです。私たちをPASSPO☆にしてくれて、PASSPO☆でいさせてくれてありがとう」などとファンへ向けてメッセージを送った。

芸能
今日のスポーツ報知(東京版)