松本伊代が涙「テンション上がり…」線路侵入で謝罪会見

2017年2月12日6時0分  スポーツ報知
  • ライブ終演後、謝罪会見の松本伊代(右)

 JR線の線路内に無許可で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで書類送検されたタレントの松本伊代(51)が11日、名古屋市内で騒動後初のライブを開催。終演後に会見を行い、「テンションが上がって(線路内で)撮ってしまった。反省しています」と涙で謝罪した。

 ライブでは、松本はオープニングで2曲を歌った後、涙ながらに会場のファンに謝罪。「皆様には多大な迷惑をおかけしました。(バンドの)みんなと練習したけど、きょう、この舞台に立てるかも分からなかった」と声を詰まらせた。

 ピンク色の法被姿の親衛隊から「ドンマイ」「やっちまったなー」「大丈夫、頑張っていこう」などの激励の声が次々と飛ぶと、松本は笑顔を取り戻した。アンコールではピンクのドレスに着替えて、人気曲「センチメンタル・ジャーニー」を熱唱。ライブは夕方と夜の2部を予定通りこなした。

 ライブ後の謝罪会見は黒い服に着替えて行った。夫でタレントのヒロミ(51)からもきつく怒られたといい、「『ちゃんとしなきゃ、ダメだよ。2人で乗り越えていこう』と言われました」と明かした。

 1月に京都・嵐山付近で読売テレビの番組のロケを行っていた松本と早見優(50)が、空き時間にJR山陰線の線路内に立ち入り、松本が自身のブログに早見とのツーショット写真をアップ。ネット上で騒ぎとなり、松本はすぐに謝罪して写真を削除したが、警察が動き、取り調べを受けた。撮影済みの同番組は放送中止となり、松本はブログも閉鎖している。

 この日、夕方のライブを観賞した女性客は「ライブ自体はすごくよかった。他人を傷つけたりしたわけではないので、もういいんじゃないでしょうか」と同情した様子。所属事務所は法的な処分が下る時期について「今は分からない」とした。松本は今後も予定通りスケジュールをこなしていくという。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
芸能事件簿
  • 1
  • 2
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ