スケート住吉都選手が20日に自室で死去、恩師もショック「なぜ、どうして」 

ソチ五輪に出場した住吉都選手(共同)

1月24日 06:00

 スピードスケート女子短距離で2014年ソチ五輪代表の住吉都(すみよし・みやこ)選手が、20日に長野市内の自室で死去していたことが分かった。23日、所属先のローソンが明らかにした。30歳だった。死因などは公表していない。遺族の希望で葬儀・告別式の日取りなどは非公表。  続きを読む…

訃報・おくやみ
報知ブログ(最新更新分)一覧へ
今日のスポーツ報知(東京版)