“コキンちゃん”平野綾、ブログで“姉”鶴ひろみさん悼む「2度と会えないなんて…」

2017年11月18日15時6分  スポーツ報知
  • 平野綾

 声優の平野綾(30)が18日、運転中に大動脈剥離で亡くなった声優・鶴ひろみさんをブログで悼んだ。

 鶴さんは日本テレビ系アニメ「それいけ! アンパンマン」(金曜・前10時55分)の人気キャラクター・ドキンちゃん役を担当。平野はドキンちゃんの妹、コキンちゃんの声を演じている。

 平野は「ドキンお姉ちゃん」とのタイトルで「鶴ひろみさんがお亡くなりになりました。」と書き出し、「大好きなドキンおねえちゃんともう2度と会えないなんて信じられません。」と胸の内を語った。

 平野がアンパンマンに初出演したのは10年前だといい、「子供の頃一番好きだったアンパンマンのキャラクターはドキンちゃんで、その妹になれたなんてはじめ本当に信じられなくて、ドキンおねえちゃんとはたくさんケンカして仲直りして冒険してばいきんまんを困らせて、とにかく掛け合いや合わせ台詞が多かったので、鶴さんと呼吸を合わせてお芝居できるのが毎回とても楽しみでした」と振り返った。

 「ドキンとコキンを『私たちノンストレス姉妹だから好きにやっていいよ!』と言ってくださって、のびのびとお芝居することができました。舞台も観に来てくださって。いつも応援してくださって。」と鶴さんに感謝した平野。鶴さんがハザードを点灯させて高速道の路肩に車を止めていたとのニュースに「苦しかったはずなのに最期までカッコいい鶴さんだったのを知って、さらに涙が止まらなくなりました。」とつづった。

 最後に「尊敬する大好きなカッコいい先輩。悲しいけれど、でもいっぱいいっぱい感謝したい。いつまでもドキンおねえちゃんに『しょうがないわね~』と言ってもらえるコキンちゃんを演じられるように、精一杯頑張ります。」とブログを結んだ。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
訃報・おくやみ
今日のスポーツ報知(東京版)