【G1】内藤が開幕メインで飯伏に激勝「トランキーロ、焦んなよ」

2017年7月18日0時0分  スポーツ報知
  • 内藤哲也

 ◆新日本プロレスG1クライマックス27開幕戦 ▽Aブロック公式戦 〇内藤哲也(24分41秒、デスティーノ→片エビ固め)飯伏幸太●(17日・北海道立総合体育センター 北海きたえーる)

 新日本プロレスの夏の本場所G1クライマックスが開幕し、前IWGPインターコンチネンタル王者の内藤哲也(35)が2年ぶり出場となった飯伏幸太(35)を24分41秒、デスティーノからの片エビ固めで破り、勝ち点2を獲得した。

 開幕戦のメインイベントに登場した両雄に満員6189人の観衆から大声援が送られた。2015年のNEW JAPAN CUPに初出場初優勝を果たしながら、16年2月に退団した飯伏は復帰戦に泣き出しそうな感激ぶり。一方、NEW JAPAN CUP優勝、IWGPヘビー級、インターコンチネンタル奪取、プロレス大賞MVPと黄金の2016年を経験し、新日本のアンチヒーローの地位を築いた内藤は、我が者顔でやりたい放題。

 飯伏のスワンダイブ式ジャーマンをカウント2で返した内藤は、デスティーノで同い年対決にケリを付けた。「内藤哲也のプロレスを存分に堪能して頂けましたでしょうか。8月13日の両国大会でAブロック、Bブロックから誰が勝ち上がるのか? 誰が優勝するのか? みなさん予想して楽しんで下さい。答えはもちろん、トランキーロ、焦んなよ!」と「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」の決めゼリフを炸裂させ、開幕戦を締めた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)