【巌流島】ロッキー川村、シュレックとの“金曜ロードショー対決”で判定負け

2017年9月2日17時20分  スポーツ報知
  • 最終ラウンドでシュレック(下)を追い込んだロッキーだったが

 ◆巌流島 ADAUCHI 2017 in MAIHAMA ~サムライたちの仇討ち~ 〇関根“シュレック”秀樹(判定2-1)ロッキー川村●(2日・舞浜アンフィシアター)

 パンクラスミドル級王者(キング・オブ・パンクラシスト)のロッキー川村(36)が巌流島に初参戦し、“警察官最強と呼ばれた男”関根“シュレック”秀樹(43)=柔術=と無差別級で対戦した。

 「金曜ロードショー対決だな」とロッキーが言うように映画のキャラクターを異名にしている者同士の対戦。体重で18キロ重い柔術家のシュレック相手に、ロッキーは寝技30秒特別ルールを飲んだ。巨漢対策は映画「ロッキー」の名シーンでおなじみの「タマゴの一気飲み」。あおりVTRでこれを実演して笑わせ、場内を盛り上げた。

 パンチを打って、ローを蹴っては離れるトリッキーな動きで、シュレックをあわてさせたが、普段は着用しない道着をつかまれて、倒されパンチの連打を浴びる。2回までこの攻防が続いたが、3回は動きが鈍くなったシュレックを場外に転落させるなど優勢となったが、タイムアップ。2回までの有効打がシュレック優位とされ、1-2の判定で敗れ、決まり文句の「エイドリアーン」は聞かれなかった。

 「負けは負けです」とつぶやいたが、プロとして見せる試合を作ったみせた。勝ったシュレックには元格闘王・前田日明氏(58)から勝利者賞のトロフィーが贈呈された。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ