【UFC】佐々木憂流迦、初の凱旋試合で無念のタップ負け

2017年9月23日11時34分  スポーツ報知
  • タップ負けを喫し、オクタゴンをあとにする佐々木

 ◆UFCファイトナイト・ジャパン ▽フライ級5分3回戦 ○ジュシー・フォルミーガ(1回4分30秒 リアネイキッドチョーク)佐々木憂流迦●(23日・さいたまスーパーアリーナ)

 日本初凱旋の佐々木憂流迦(27)=フリー=は、ブラジルのジュシー・フォルミーガ(32)に1本負けを喫した。

 佐々木は立ち上がり、左ミドルを的確に当て試合を有利に進めるも、テイクダウンを許し、コントロールされる。バックに回られるとそのままリアネイキッドチョークを決められたまらずタップ。会場からはため息がこぼれた。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ