ケニー・オメガ、1・4東京Dでクリス・ジェリコと激突「WWE代表と新日代表の戦いだ!」

2017年11月6日18時14分  スポーツ報知
  • 1・4東京ドーム大会カード発表会見に登場したケニー・オメガ

 新日本プロレス最大の大会、来年1月4日、東京ドームで行われる「WRESTLE KINGDOM12」の第2弾カード決定会見が6日、東京・中野坂上の新日本プロレス本社で開かれた。

 5日の大阪府立体育会館大会でバレッタ(30)の挑戦を退け、IWGP・USヘビー級王座3度目の防衛に成功したケニー・オメガ(34)がWWEのクリス・ジェリコ(46)の挑戦を受けることが決まった。

 近年の日本マットでは、ハッスルのリングにビル・ゴールドバーグ(50)やミック・フォーリー(52)が上がっているが、新日のマットに世界最大団体WWEのスターが上がるのは非常に珍しいケースとなる。

 オメガとジェリコは、ともにカナダ・ウィニペグ出身。「同郷ということもあって、意識し続けてきた。彼は様々な国で戦い、トップに立ったスーパースター。自分も彼と同じようになるんだと思って、世界で戦ってきた」とオメガ。米国のトップ団体で輝きを放ってきたジェリコを意識した言葉を放つと、「ジュリコのいるメジャーリーグと日本のメジャー・新日を代表する自分の戦いだ。ドリームマッチを見せたいし、ジェリコよ。史上最高の試合をしよう」と呼びかけた。

 1・4のメインイベントでは、IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカ(29)が9度目の防衛をかけ、今年8月の「G1クライマックス27」覇者・内藤哲也(35)の挑戦を受けることが決まっている。

  • 楽天SocialNewsに投稿!
格闘技
今日のスポーツ報知(東京版)
報知ブログ(最新更新分)一覧へ